成人リハビリの取り組み

業務内容

 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が連携し、外来・通所リハビリテーション・訪問リハビリ
   テーションの業務を行っています。

通所リハビリテーション(デイケア)の内容

● 日帰りでリハビリテーションを提供するサービスです。利用者が自立した生活を送ることを目的として、
  「運動器機能の向上」「口腔機能の向上」などを行います。
 ・介護職員により送迎を実施します。
 ・看護職員により身体状態をチェックし、介護職員が入浴・食事・スリング体操(ロープを使用した運動)を
  実施します。
 ・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士によりリハビリテーションを行います。

訪問リハビリテーションの内容

● 身体機能や動作能力が低下された方が、住み慣れたご自宅で活き活きとした生活が送れるように、理学療法
  士・作業療法士・言語聴覚士が直接ご自宅へ訪問してリハビリテーションを行います。
 

各業務での取り組み内容

 その人がその人らしく生活できるよう利用者様との関係を築き、リハビリテーションを進めていく
   ことを心がけています。

通所リハビリテーション(デイケア)での取り組み

・個別でのリハビリテーションを実施しています。
・利用者様の希望、生活環境を踏まえリハビリテーションの内容を決定しています。
・必要に応じて、生活動作の工夫、福祉用具の提案、自主訓練の指導等も行っています。

訪問リハビリテーションでの取り組み

・身体機能の維持・向上だけでなく、日常生活につながるような歩行練習やトイレ動作、入浴動作の練習等も行
 います。
・ご家族の方や他施設のサービス担当者の方に対する介助方法の提案や住宅改修、福祉用具についてのアドバイ
 スも行います。
・利用者様一人一人の身体能力に応じた自主練習等の指導も行っています。