本文へ移動

各種予防接種

予防接種について

子宮頸がんワクチン

・シルガード9は、9種のヒトパピローマウイルス(HPV)の感染を防ぐワクチンで日本人の子宮頸がんの原因となるHPV型の88.2%をカバーしています。
現在公費で使用されているガーダシルは、4価で子宮頸がんの65.4%をカバーしています。 
シルガード9は肛門がんや尖圭コンジローマも予防する効果があります。 

◎子宮頸がんワクチンの接種には事前予約が必要です。
 ※費用 : 33,000円(税込)【4価ワクチン(ガーダシル)については公費にて定期接種が可能です 】  

帯状疱疹ワクチン

・帯状疱疹ワクチンは、80歳までに3人に一人が罹患するといわれています。痛みなどの後遺症(帯状疱疹後神経痛)が長引く場合があり、予防が大切です。
・当院では帯状疱疹ワクチンとして、これまでの「乾燥弱毒水痘ワクチン」に加えて「シングリックス」が接種できる様になりました。
・シングリックスは、2回の接種が必要で、水痘ワクチンと比較すると接種費用が高額となりますが、50歳以上のいずれの年齢層でも高い帯状疱疹予防効果がしめされており、帯状疱疹後神経痛(PHN)の発症を減らす効果も期待できます。
・接種できるのは、どちらのワクチンも50歳以上の方です。接種ご希望の方は、是非ご相談ください。

各種予防接種についてのお問い合わせ先

〒642-0032
 海南市名高140-1
 さくらクリニック
TEL: 073-484-5001    FAX: 073-484-5002
 
※メールでのお問い合わせはこちらから
TOPへ戻る